折り合いをつける

折り合いをつける

妥協ととるべきか

双方の丁度良いところで落ち着くと言うべきか

調べてみると

交渉において、互いにある程度譲り合って双方納得できる妥協点定めること。

互いに意見立場対立しないポイント見出すこと。 

等と記述してある

意見の相違は近しい関係であればあるほど頻繁に起き

同時に互いを自分の思うように動かしたいという気持ちが働くもの

互いに譲れなくなると波紋が広がり

軍杯がどちらかにあがる、又は共に傷つき終わる

最良のケースは調度良いところでおさまる

と云う流れでしょうか

哀れですがそれが常

一人一人全く違う存在だから

結局その感情に気づくところがキーポイント

全体の調和(ダルマ)を図ること

何が調和(ダルマ)で何が不調和(アダルマ)なのかを問う心を失わないこと

「やさしく生きる 」

愛情をもつ生き方の鉄則

一つ気づくと今日の空はもっと青く世界が色づく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中